在宅医療に関する医療提供施設等グループ化について


1 取組の趣旨

 子どもから高齢者までの在宅医療等における医療需要の増加が見込まれる中,住み慣れた地域で暮らし続けていくためには,限られた医療資源を有効に活用していくことが重要であるため,地域医療の中核的役割を担っている郡市医師会との連携のもと,医療提供施設等のグループ化に取り組む。

  • ・切れ目のない診療体制の仕組みづくりによる利用者の安心感の醸成
  • ・在宅医療に取り組む医師の負担軽減

※グループ化の定義

郡市医師会は,これから在宅医療に取り組もうとする,又は,在宅医療の取り組みを拡充しようとしている医科の病院又は医療所(医療機関)で,同一法人以外の2以上の医療機関と協定を結ぶことで「医療提供施設等グループ化」と位置付ける。
なお,在宅医療専門診療所については,このような医療機関の取組みについて補完する役割を想定している。

2 取組の趣旨

 郡市医師会は,病院又は診療所が「在宅医療を提供する切れ目のない診療体制の仕組みづくり」を取り組む上で,地域医療の中核的役割を担う立場として,グループ運営に関する相談支援,運営経費の補助先としての機能を担う。



 

 参入促進・連携(グループ化)実績一覧


 ▶平成29年度 グループ化事業実績

 ▶平成30年度 グループ化事業実績

 ▶平成31年度(令和元年度)グループ化事業実績

 ▶令和2年度 グループ化事業実績


令和3年度医療提供等グループ化事業推進事業の実施について


 令和3年度医療提供等グループ化事業 
 申請書類についてはこちら

   事業説明会(事務手続き編) 資料はこちら

 事業説明会(計画・実践編) 資料はこちら