Facebooktwitter

新型コロナウイルスの感染状況を考慮し,更新申請のため診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため,厚生労働省は「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則」の一部改正し,自立支援医療の受給者証の有効期間を1年間延長することとしました。今後の取扱いについては以下のとおりとなります。

①令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に有効期間が終了する全ての受給者証について,有効期間を1年間延長する。
②受給者の申請手続きは不要。
③受給者は,現在使用している受給者証を引き続き使用する。
④医療機関においては,対象の受給者証の有効期間を読み替えて対応する。

参考資料
児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令の公布及び施行について

新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した公費負担医療の延長措置について(ポスター)