Facebooktwitter

本日11月25日(木)、茨城県と茨城県医師会の間で、「新型コロナウイルス感染症に係る医療提供体制の確保に関する協定」を締結いたしました。

本協定の主な内容
(1)臨時の医療施設への医療従事者の派遣
(2)宿泊療養施設における医療体制支援
(3)自宅療養者への健康フォローアップ支援
(4)その他、新たな課題に対する連携・協力等

今後は、これまで以上に、茨城県との連携協力を深め、県民の皆さんが、一日も早く、以前の暮らしに戻っていただけるよう、新型コロナウイルス感染症対策に取り組んで参ります。