Facebooktwitter

今後、訪日・在日外国人の増加が見込まれる我が国において、医療機関を受診する外国人患者数の増大が予測されています。医療通訳サービスの活用により医師と患者の良好なコミュニケーションを確保し、医療事故の防止につなげることを目的として、日医医賠責保険に医療通訳サービスを付帯することとなりました。

1.概要
(1)契約形式:日本医師会医師賠償責任保険 基本契約への医療通訳サービスの付帯
(2)利用対象者:開設者・管理者が日本医師会A1会員である医療機関の医師・職員
(3)医療通訳の内容
①電話医療通訳:A1会員一人あたり年間20回まで無料、17言語、毎日8:30-24:00
※無料利用回数を超過した場合、追加費用は時間精算となります【5分間毎1,500円(税抜き)】
②機械翻訳:回数無制限、17言語、毎日24時間
(4)開始時期:令和2年4月1日

2.事前登録
スムースなサービス利用のために事前登録をお願いします。
医療通訳サービスの提供に当たっては、電話医療通訳を利用する電話番号等事前の登録が必要となります。
事前登録期間 令和2年1月20日~2月29日
※利用登録がない場合であっても会員確認が出来た場合には電話医療通訳を利用することが出来ますが、別途利用登録が必要となります。

3.ご注意とお願い
医療通訳サービスの開始に当たり、会員の皆様にスムースなサービスの提供と会員確認の為、日本医師会に登録されているA1会員の①医療機関名(所属施設名)②施設所在地の電話番号(医療機関の電話番号)の2点を事前に医療通訳サービス提供会社に提供させて頂きます。提供に同意されない会員の皆様はお手数ですが、日本医師会医賠責対策課(03-3942-6136)へ令和2年1月17日までにご連絡願います。ご連絡がない場合は同意頂いたものとさせていただきます。
※提供する上記情報は利用登録時および未登録時の緊急電話医療通訳サービス提供時の日本医師会会員の確認に使用し、その他には使用致しません。なお、提供に同意されない場合には医療通訳サービスが提供できないことがありますのでご了承ください。

その他、今後のスケジュール及び詳細な内容については添付資料をご確認ください。
日医医賠責保険に付帯する医療通訳サービスのご案内